- AKIRA KOSEMURA -
<< July 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【New Release】Tiny Musical (2015 Remaster)
こんにちは。

2008年に発表した僕のセカンドソロアルバム『Tiny Musical』のデジタルリマスター盤が今日発売になります。





SCHOLE SHOP
http://schole.shop-pro.jp/?pid=91693412

リマスタリングを担当してくれたのは、2012年発表の劇伴作品『MANON』以来、僕のほとんどの作品の録音やミックス、マスタリングを担当してくださっている井口寛さん。発表から七年の月日を経て、僕の“最近の音”にアップデートして頂きました。

そして、今回のリイシューでいろいろと追加/変更があったのですが、まずは、収録楽曲『Light Dance』の公式ピアノ楽譜が封入されています。七年前の発表以降、国内外から沢山の楽譜販売を希望するお手紙が届いていたのですが、これまでなかなかそういった機会を作ることが出来ず、でも心の片隅では、いつか楽譜も発表することが出来たらいいなぁと考えていたので、今回のタイミングでようやく公式の楽譜を発表することが出来て嬉しく思っています。ぜひ、皆さんの想い想いの『Light Dance』を弾いてみてください。

つぎに、友人であり選曲家の吉村健さんがライナーノーツを書いてくださりました。吉村さんは以前、タワーレコード渋谷店でバイヤーをされていた方で、オリジナル盤発売当時からお世話になっていた方です。現在は「Quiet Moments」という、自身が主宰するレーベル/イベントを運営されていて、僕も時々、楽曲を提供したり、イベントに出演したり、お茶をしたり・・・。公私共に仲良くして頂いています。この作品の解説を誰にお願いしよう、と思った時に、やはりオリジナル盤の発売当時から作品を聴いてくれていて、作品に愛情を持って接してくれる方が良いなぁと思い、真っ先に吉村さんの顔が浮かびました。素敵な文章を寄稿してくれているので、ぜひそちらにも目を通して頂けたら嬉しいです。

三つ目は、ジャケットの装丁が変わっています。今回は、スリーブケースの中に、特殊な型で作った紙のデジパックのような仕様(前作のサントラ作品『最後の命 EMBERS』と同じ)のケースが入っています。以前は、スリーブケースの中に、プラスティックのケースが入っていたのですが、プラスティックは壊れやすいのと、環境にも配慮して、最近では使わないようにしていたので、今回のタイミングで装丁を変更することにしました。

最後は特典ですが、初回出荷分に限って、新しいソロアルバム(発売時期未定)に収録予定の楽曲から『Promise With You』という曲のピアノヴァージョンをダウンロードできるクーポンが封入されています。他では聴けないヴァージョンになると思うので、この機会にぜひ聴いてみてもらえたらと思います。初回出荷分のみの限定封入なので、どうしても聴きたいという方はなるべく早く手に取ってみてくださいね。
 
インタビュー記事『その先の自分を創る。』
こんばんは。

今年の春に母校の広報誌が取材をしにきてくれたのですが、その内容がウェブでも読めるようになりました。


『その先の自分を創る。』作曲家・音楽プロデューサー 小瀬村 晶さん
http://www.hosei.ac.jp/koho/pickup/ob-og/2015/150709.html

学生時代のことや、デビューにまつわる話などをしています。
あまり人の参考になるような生き方をしていないので、僕で良いのかなぁという感じでしたが・・・。
とはいえ、お世話になった母校の方々に声を掛けて頂けたのは嬉しかったなぁ。
FINAL FANTASY XIV 蒼天のイシュガルド TVCM「Eorzea Symphony」出演
こんにちは。

昨日から放映されているTVCM。
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド「Eorzea Symphony」に出演しています。





普段は作る側なので、絵コンテであったり、すでに出来上がった映像を観ながら仕事をするのですが、今回は出る側だったので、初めてCM撮影の現場を体験することが出来ました。

印象的なディスプレイによる演出は、実際のノートパソコン百数十台を使って制作された本物のオブジェで、CGとかではないんですね。なので、実際に現場で観ていた時も、凄い迫力でした。
是非ご覧になってみてください。
Music For EXPO Milano 2015(ミラノ万博・日本館展示作品)
こんにちは。

2015年ミラノ国際博覧会(通称:ミラノ万博)日本館展示作品「LIVE PERFORMANCE THEATER」(制作:ライゾマティクス)の音楽を担当しています。

https://www.expo2015.jp/

開催地:イタリア・ミラノ 会期:2015年5月1日 - 10月31日(184日間)
参加国等:148カ国・地域・国際機関 想定入場者数:約2,000万人

日本館はとても評判が良いみたいで、連日一時間待ちとのこと。
ヨーロッパの人は並ばないというけれど、万博では並ぶんですね。

イタリア・ミラノ・・・ちょっと遠いのですが、10月31日まで開催しているそうなので、もし会期中にイタリアや、隣国に旅行に行く方などいらっしゃったら、ぜひ万博にも足を運んでみてください。

レポート記事がありました。少しですが、現地の様子が分かる動画も →
http://dentsu-ho.com/articles/2565


そして、お知らせが遅れてしまいましたが、連載コラムも更新されています。

http://www.hmv.co.jp/news/article/908060090/


昨夜の夕焼け。六月、燃えるような空。

 
最後の命 [DVD] リリース
こんばんは。

お知らせが遅くなってしまったのですが、音楽を担当した映画「最後の命」(監督:松本准平 主演:柳楽優弥 原作:中村文則)のDVDが、5月13日にリリース&レンタルが開始されました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00U1YMDCS

劇場公開時のポスター等の写真から一転、DVD仕様のパッケージになっています。
メイキングも収録されているので、劇場でご覧になった方も、そうでない方も、この機会にぜひご覧になってみてください。


なんとなく飾ってみた。
 
お知らせがたくさん。
こんにちは。

今夜はお知らせがたくさんです。

まずは、

Canon EOS Kiss X8i「私にカメラがくれたもの」
スペシャルムービーの音楽を担当しました。

https://youtu.be/OxbuZZr1SPM

桜満開の日に作曲したからか、なんだかとても春らしい曲に。

これまでのお仕事一覧はこちら →
http://www.akirakosemura.com/works.html


そして、

音楽を担当した映画「最後の命」(監督:松本准平 主演:柳楽優弥 原作:中村文則)が、明日24日より台湾にて劇場公開となります。明日は松本監督も台湾入りされるそうで、いったいどんな反応が返ってくるのか、楽しみです。
in Taiwan, the film 'EMBERS' I composed music will be showing on April 24th.
I'm really looking forward to hear from you guys in Taiwan.

http://saigonoinochi.com/

「最後の命 EMBERS」サウンドトラック特設サイト
http://www.scholecultures.net/special/038


さらに、

僕の「Nocturne」という曲を、電子音楽家のPhasmaさんがリミックスしてくれました。

Song Premiere : Akira Kosemura - Nocturne (Phasma Remix)
http://publicrhythm.com/16178(こちらで聞けます。)



今週末はソロコンサート。門司ブリックホールへ。
http://spitalmarket7.peatix.com/



春も終り

https://instagram.com/akirakosemura/
 
「TRIO」正式リリース
こんにちは。

先月からタワーレコード一ヶ月先行にてリリースされていた僕のコンサート録音シリーズ最終作「TRIO」ですが、今日からタワーレコード以外での販売が始まりました。

http://shop.ameto.biz/?pid=88798296
(「雨と休日」より)

贔屓にしているお店などあれば、ぜひ探してみてください。
ちなみにシリーズ作品「SOLO」「DUO」は現在庫のみの販売になるので、気になる方はお早めに。

そして、月末26日は北九州・門司ブリックホールでソロピアノコンサートです。
久々のピアノソロ、たっぷり演奏します。お近くの方はぜひお出かけください。
http://spitalmarket7.peatix.com/
 
Live at Brick Hall in Spital Market
こんにちは。

さて、今月は演奏会があります。
4月26日、北九州・門司にて開催される「SPITAL MARKET」にゲスト出演します。

http://spitalmarket7.peatix.com/

いろいろなお店が集まって出店するマーケットイベントみたいなのですが、そこで僕はソロピアノコンサートをさせて頂くことになりました。
単独コンサートなので、沢山演奏したいと思っています。お近くにお住まいの方はぜひ。



春の印象




https://instagram.com/akirakosemura
Music For 'YANMAR' TVCM
こんにちは。

佐藤可士和さんがクリエイティブ・ディレクターを担当されている「YANMAR」企業TVCM(五種類)の音楽を担当しました。語りは本上まなみさん。

「歴史篇」


「ミッション篇」


「エネルギー篇」


音楽は三種類の変奏を作りました。ぜひご覧ください。
創立100周年を迎えた日本が世界に誇る企業「YANMAR」の“これから”に携わることが出来てとても光栄でした。

これまでのお仕事一覧はこちら →
http://www.akirakosemura.com/works.html


ここのところ、集中してソロアルバムの制作を進めています。
ようやくほぼ全曲のデモが出来上がり、これから一曲ずつ詰めていく作業。
2011年の「how my heart sings」以来のオリジナルアルバムということで、気がつけば四年も経ってしまったけれど、この四年間の学びをしっかりと詰め込むことが出来た作品になっていると思います。
今年の夏には発表出来るかな。ぜひご期待ください。


相変わらず映画も観ています。
今年はいまのところ、56本観ていますが、劇場作品としては、ロウ・イエ監督「二重生活」、ディアオ・イーナン監督「薄氷の殺人」の二作品が特に素晴らしかった。たくさんの方に観て欲しいなぁと思いますが、たぶんもう公開は終わってますね・・・。
現在公開中の作品では「イミテーション・ゲーム」と「はじまりのうた」が特に面白かったです。なにか映画を観たいなぁという方にはおすすめ。あとは「博士と彼女のセオリー」も(伝記映画なのでずしりときますが)主演の二人の演技と音楽が良かったです。音楽を担当しているヨハン・ヨハンソンは昔から知っていますが、「プリズナーズ」の時までは、映画音楽でありながらもヨハンソンらしい音楽でしたが、今作では数人でオーケストレーションを担当していることもあってか、良い意味で期待を裏切る作風にとても感動しました。もしかしたらここ数年で最も刺激を受けた音楽かもしれません。
とはいえ「イミテーション・ゲーム」もアレクサンドル・デプラ作曲で、「はじまりのうた」も良質なポップスに彩られている作品なので、どちらも音楽も良いです。

ということでお知らせのつもりが、なぜか映画ブログになってしまいました。
・・・参考にしてみてください。
 
「TRIO」タワーレコード先行リリース
こんにちは。

さて、昨日19日から、タワーレコード先行にて僕のコンサートシングル盤「TRIO」がリリースされました。



この「TRIO」という作品は、2012年に発表した「SOLO」「DUO」に続く、コンサート録音シリーズの三作目で、最後の作品です。
2014年10月8日、市ヶ谷ルーテル教会にてピアノトリオ編成(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ)で演奏した際の録音から、新曲を含む四曲が収録されています。

この日のコンサートは、僕が音楽を担当した映画「最後の命」のサウンドトラックの発売を記念したものだったのですが、その映画音楽というのが、主にピアノと弦楽アンサンブルで構成したものだったので、コンサートではピアノトリオで演奏しようと考えていました。
そこで、一週間程度でしょうか。
しばしの間、集中してこれまでのソロアルバム収録の曲などをピアノトリオ用に編曲をし、コンサートで披露しました。

個人的になかなかうまくいったなぁと思う編曲が多く、また、演奏して頂いた白澤美佳さんや、佐藤万衣子さんもとても素晴らしかったので、特に気に入っている録音を四曲選んで収録したのが今回の「TRIO」です。
コンサートに来られた方も、そうでない方も、ぜひ聴いてもらえたら嬉しいです。


piano 小瀬村晶 violin 白澤美佳 cello 佐藤万衣子


 
収録曲から「Precious」のコンサート映像が公開されています。

ぜひ、お近くのタワーレコードで探してみてください。