- AKIRA KOSEMURA -
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017_07
こんにちは。

最近は蕎麦ダイエットというのを始めまして、週5で蕎麦を食べています。
それってただ蕎麦が好きなだけだろと思われがちなんですが、否定はしません。
ちなみにいつも頼むのはせいろで、僕はわさびを少し多めに蕎麦につけて食べるのが好きなのですが、毎日通っているせいか、必然とわさびを多めにしてもらえるようになってきて、日々の小さな喜びを噛み締めながら蕎麦をすする春の午後。

*

さて、まずは4月21日に新しい配信限定EP「Someday - EP」がリリースされました。
前回の記事でもミュージックビデオとともに紹介していたので、そちらと合わせて読んでもらえたらと思います。
iTunes / Apple Music では大きく取り上げていただいています。




Someday - EP
1. Someday (Reworked 2017) feat. Devendra Banhart
2. Sphere
3. Stillness of the Holy Place
4. Someday feat. Devendra Banhart

- iTunes Music Store
https://itunes.apple.com/jp/album/someday-ep/id1214911588

- Spotify
https://open.spotify.com/album/6B0GhBhr2Fsby5TNZ2ruRL

- Bandcamp
https://akirakosemura.bandcamp.com/album/someday

*

そして次に、新田君彦さんと不定期に更新している映像と音楽のプロジェクト「Spread The Branches」の新しいエピソードが更新されました。

instagram: @spread_the_branches
https://www.instagram.com/spread_the_branches/



1分間の挿話がコンセプトの音楽と映像によるプロジェクト。
youtube と instagram での限定公開です。

久しぶりにこういう音楽作ったなぁという感じです。
ちょっとピアノから離れてみました。

*

さらに、アメリカ人の若いアニメーターの短編作品の音楽を担当しました。
これがとても素晴らしい作風なので、ぜひご覧いただきたい。



‘Cycle’
A Film by Alex Ishida
Music by Akira Kosemura
Sound Design by Jeremy S. Bloom

*

そんなこんなで、新しいアルバムのマスタリングも終わり、毎日それを聴きながら過ごしています。
この作品がみなさんの元に届くのは、早くとも夏以降になるので、まだまだずっと先のことです。それまでは僕と数人の仲間内だけで楽しみたいと思います。
それにしても、この作品、本当に好きだなぁ。より自分の奥の奥にまで落ちていった感覚があって、もしかしたら他人がそこまで辿り着くのは、同じような感覚を共有するのは難しいような内容になっているのかもしれないのだけれど、それがこの作品の大きな魅力でもあるので、まあ、仕方がないなぁと思います。
そしてなによりも不思議なのは、どこまでも自分のパーソナルな部分に入り込んでいった結果、途方もないくらい大きなテーマにたどり着いてしまったというところで、すべては作用し作用されているのだなぁと。
なにを言っているのかわからないかもしれませんし、アルバムを聴いても、やはりなにを言っているのかわからないかもしれないようなアルバムなのですが、興味を持ってもらえる努力はしようと思います。
ミュージックビデオ、作ろう(他力本願)

 
2017_06
こんにちは。

自然と、最近は月一ペースでの更新になっていますね。

*

まずは、4月21日にワールドリリース予定の配信限定EP「Someday - EP」より「Someday (Reworked 2017) [feat. Devendra Banhart]」の新ミュージックビデオが公開になりました。



2016年に発表したアルバム「MOMENTARY: Memories of the Beginning」に収録していた、デヴェンドラ・バンハートに歌ってもらった曲「Someday」のリワークト・バージョンです。
オリジナル・バージョンのミュージック・ビデオを作ってくれた新田君彦さんも、今回のリワークト・バージョンに合わせて、ビデオをアダプテーションしてくれました。素晴らしい。

ちなみに、今回のEP作品には「Someday」二バージョンに加えて、夏にリリース予定のフルアルバムからのカットで「Sphere」というシンセサイザーとエレクトリック・ピアノによるポリフォニックなアンサンブル曲と、教会での完全即興演奏によるピアノソロの録音「Stillness of the Holy Place」(なんと10分間のノーカット演奏)を収録しています。
どれも自信作なので、ぜひお聴き逃しなく。

- iTunes Music Store
https://itunes.apple.com/jp/album/someday-ep/id1214911588

- Bandcamp
https://akirakosemura.bandcamp.com/album/someday

リリース前ですが、ヨーロッパを中心に多数のメディアで取り上げられています。
評判が良いみたいで、イギリスやフランスの国営チャンネルでの放送が続々と決まったり、BBC からはインタビュー依頼もきていたりするのですが、せっかくなのでここではオンラインで読める記事をいくつか紹介します。
興味のある方はぜひ。なければスクロールを・・・。

- Franck Mallet
https://franckmallet.com/2017/03/22/akiro-kosemura-someday/

- textura
http://textura.org/archives/k/kosemura_someday.htm

- SWIFT
https://superworldindietunes.com/2017/03/21/akira-kosemura-writes-great-tunes-for-ya/

- Indie For Bunnies
http://www.indieforbunnies.com/2017/03/21/video-akira-kosemura-someday-feat-devendra-banhart/

- Son of Marketing
https://sonofmarketing.com/2017/03/21/video-akira-kosemura-someday-reworked-2017-feat-devendra-banhart/

- Benzine
https://www.benzinemag.net/2017/03/21/akira-kosemura-devendra-banhart-tour-ville/

- MaXoE
http://www.maxoe.com/rama/culture-downloads/voir-musique/akira-kosemura-clip-someday-feat-devendra-banhart/

- Metalorgie
http://www.metalorgie.com/news/125154_Du-clip-pour-Akira-Kosemura-avec-Someday-a-voir-dans-la-suite

*

続いては、コンピレーションのお知らせです。

スウェーデンのレーベルが監修するソロピアノ曲集の第三弾作品「Piano Cloud Series - Volume Three」に、オープニングソングとしてピアノ小品を提供しています。第一弾ではエンドソングを提供していて、今回で二回目の参加になるのですが、どちらも傑作と言っていい、世界中の現代ピアニストの佳作ばかりを集めた素晴らしいピアノ作品集です。
ちなみに、第一弾は個人的に100回は聴いたと思う・・・。



こちらから試聴、購入できます →
https://1631recordings.bandcamp.com/album/piano-cloud-series-volume-three

*

そして、こちらも遂に発表になりました。
制作に一年を要した、世界に300個しかないオリジナルデザインのプロダクト作品です。

「cassette vase」(300個限定生産)



花を生けた時に音楽を掛けたくなるような、カセットテープを型取った陶器の花瓶と音楽のコラボレーション。

アートディレクターの ROKKAN DESIGN さんに誘って頂いて、こちらのプロダクトに書き下ろし楽曲「Lady in Red」を提供しています。
楽曲を書いたのは昨年の今頃。製品が出来上がるのぼんやり、ゆっくり待っていました。
何度も何度も試作を重ねられて、遂にリリースの運びとなりました。

まずは、SCHOLE SHOP での限定先行販売での受付のみとなります →
http://schole.shop-pro.jp/?pid=115699055

ちなみにこの曲、何度かコンサートでも演奏しているのですが、評判がとても良いのでぜひ手に取ってもらいたいなぁと思います。
インテリアやプレゼントにもおすすめです。

*

先月から、ゆっくりと新しい劇伴の制作に取り掛かっています。
膨大な資料を読みながら、その圧倒的な世界観に感嘆しつつ、作品に参加できる喜びを噛み締めています。

今週末には、新しいソロアルバムのタイトル曲の録音もあり、初めての編成曲なのでこちらも楽しみです。
素晴らしい録音になるといいな。
2017_05
またすっかりご無沙汰してしまいました。
ひと月振りの更新ですが、しっかりとお知らせが溜まっています。

*

まずは、2月24日に新しい配信限定EP作品「The Cycle of Nature」がスウェーデンのレーベルよりリリースされました。


1. The Cycle of Nature
2. Little Hands
3. Kaleidoscope of Happiness
4. Innocence

Spotify、Apple Music などで聴くことができるのでぜひ。
iTunes や、レーベルの Bandcamp でも販売しています。

Spotify
https://open.spotify.com/album/0AL4qCULMvRyxvuCdJEOQJ

iTunes, Apple Music
https://itun.es/jp/alm4hb

Bandcamp
https://1631recordings.bandcamp.com/album/the-cycle-of-nature

12月から続くEP作品のマンスリー配信リリースですが、どうやら5月まで続きそうです。
そして、夏には新しいフルアルバムを。
実はすでに制作はほぼ終わっていて、残るはタイトル曲の録音のみなのです。
独り黙々と、自分が浸っていたい世界に没入して作り上げた大好きなアルバムです。こんなに無心で作り上げたアルバムって、たぶんファーストアルバム以来です。なので、ファースト同様、全然売れなさそうな気がしますが、最近はもうそういうのどうでも良くなっているので、ある意味、乞うご期待です。
まあ、誰か物好きな人が聴いてくれるでしょう。
12月にリリースした「DNA」や、今回の「The Cycle of Nature」はどちらもアルバムに収録されるので、アルバムのイメージを膨らませて待っていてもらえたらなぁと思います。

*

そして、こちらも手前味噌ですが、2月25日に我がレーベル SCHOLE より、当真伊都子さんのセカンドアルバム「When The World Will Mix Well」をリリースしました。


http://amzn.asia/4pPTaF4

当真さんとは2009年頃からの付き合いで、2010年発表の僕のアルバム「grassland」で客演して頂いたり、その後のツアーで共演したりと、ちょこちょこお付き合いのある方なのですが、彼女のファーストアルバム「dreamline」がとても素敵なアルバムだったこともあり、今回、セカンドアルバムのプロデュースをさせて頂くことになりました。
一年間、岡山に住む当真さんと電話でやりとりをしながら、彼女の思い描く世界観を大切に、「dreamline」から続く当真伊都子さんらしい、唯一無二のセカンドアルバム作りをお手伝いしました。
さらに一曲「Fantasia」という曲の弦楽アレンジも担当しています。このアレンジが他ではなかなか聴けない、非常に珍しい編成曲になっているので、ぜひ聴いてみてもらえたら嬉しいです。

*

2月25日にはもう一つ、フランスの「Indie Rock Mag」にて「Twin Peaks」についてのインタビューがフランス語と英語で掲載されました。
なぜ「Twin Peaks」かというと、5月21日から25年ぶりとなるシーズン3の放映が始まるということで、「Indie Rock Mag」が世界中のミュージシャンに声を掛けて「Twin Peaks Compilation」を制作しているんですね。僕も「Dedicated to Laura Palmer」という曲を書き下ろしている関係で、インタビューが掲載されています。「Twin Peaks」のことばかり考えていた数日間、本当に幸せだった。
デヴィッド・リンチ監督が作り上げたローラ・パーマー、アンジェロ・バダラメンティが作曲した「ローラ・パーマーのテーマ」、二つの素晴らしい想像力の産物に、僕なりの敬意を込めて音楽を作りました。
コンピレーションは、5月21日より配信予定とのこと。
‘’That gum you like is going to come back in style.’’ - Twin Peaks

Interview on Indie Rock Mag
http://www.indierockmag.com/article28693.html

*

そして、3月4日には、音楽を担当させて頂いた映画「ハルチカ」が劇場公開となりました。
 

http://haruchika-movie.jp/

「箱入り息子の恋」「僕らのごはんは明日で待ってる」などの市井昌秀監督作品。
主演は、佐藤勝利さん(Sexy Zone)と橋本環奈さん。
市井監督の考え抜かれた繊細で細やかな脚本と演出、キャストの皆さんから溢れる瑞々しい美しさ、それらが音楽と交わって、他の映画では感じられない特別な化学反応を引き起こしていると思います。
なんとも言葉では形容しがたいのですが、映画や音楽には時々、圧倒的な衝動を感じられる作品というものがあって、でも、それがなぜそれほどの魅力を放っているのか、どれだけ分析しても、これだという答えは見つからない。きっといろいろな奇跡が重なって、おそらく作っている側ですら予期しないものが出来ている、または、そういう瞬間が起きている、そんな風に想像するほかない、そういう作品を僕は幾つか知っていて、この映画「ハルチカ」は、まさにそのひとつなんです。
主演の二人は、ハルタとチカにしか見えないし、映画が終わっても、映画が終わった気がしない。そもそも、映画を観ていたというよりも、彼らの青春の一コマを覗き見ていたような感覚に近いから、もう彼らと会えないというのがなんだか寂しい。
初号試写以来、妻に連れられて観に行った映画館で、そんな感覚に陥りました。
鉄の心を自負する妻が、感動してうるっときていたので、我こそは、という鉄のハートをお持ちの大人達にこそ、ぜひ観てみて欲しいなと思います。
曲を書いたから観て欲しいということではなくて、本当に良いなって思える日本映画なので、余計な色眼鏡のせいで見逃さないで欲しいというのが正直な気持ちです。
素晴らしい作品に、映画に招き入れてくれた皆さんに感謝。

映画「ハルチカ」オリジナル・サウンドトラック
http://amzn.asia/72Arrft



オリジナルテーマ曲「春の光、夏の風」(Piano Version) [映画「ハルチカ」より]
https://itun.es/jp/qyViib

*

最後に、ヴァージニアの音楽サイト「Stationary Travels」にて、「The Piano Music of Akira Kosemura」という記事が掲載されています。英語ですが、こちらもぜひ。

The Piano Music of Akira Kosemura
https://stationarytravels.wordpress.com/2017/02/27/travelogue-2017-02-26-the-piano-music-of-akira-kosemura/
2017_04
こんにちは。

ちょっと気を抜くと、お知らせがどんどん溜まってしまっていけませんね。
なにから書こうかな、まずは「Spread The Branches」新しいエピソードが公開されています。

instagram: @spread_the_branches
https://www.instagram.com/spread_the_branches/



Spread The Branches: Episode_003
Model: Miyu Hayashidsa
Styling: Mina Takaue
Hair & Make-up: Chiho Hatae

1分間の挿話がコンセプトの音楽と映像によるプロジェクト。
youtube と instagram での限定公開です。

今回はスタッフが多くていつもより豪華ですね。
個人的にもお気に入りな一篇です。


そして、時系列順でいくなら、次はアナログレコードのお知らせです。



昨年発表した、十篇の即興演奏を収録したピアノアルバム「ONE DAY」のアナログレコード盤が2月10日より発売になります。
ロンドンでのマスタリングとカッティング、ベルリンでのプレスと印刷を経て、数ヶ月掛けて日本に帰ってきました。

アナログ盤は限定生産になるので、僕の貴重なファンの皆様にはぜひこの機会にお手元に置いて頂けたら、と思っています。
時間は掛かりましたが、音も装丁も抜群の仕上がりです。

‘ONE DAY’ [Limited Edition Vinyl]
http://schole.shop-pro.jp/?pid=106052257

Amazon にもあります。
http://amzn.asia/dtNkwiM


さて、次は音楽を担当させて頂いた映画「ハルチカ」です。
3月1日にオリジナル・サウンドトラックの発売が決まりました。



「箱入り息子の恋」「僕らのごはんは明日で待ってる」などの市井昌秀監督作品。
佐藤勝利さん、橋本環奈さんW主演による、高校の吹奏楽部を舞台にした青春映画です。
10代特有の悩みや、登場人物がそれぞれ抱える心の葛藤を丁寧に描いている作品で、高校生を通過した人なら誰でも共感できるというか、身に覚えのある感覚を呼び起こされるというか。
市井監督の作品は「箱入り息子の恋」も「僕らのごはんは明日で待ってる」も、観ているといつの間にか登場人物の背中をそっと押してあげたくなるというか、少し下がったところから応援してあげたくなるようなあたたかい気持ちになれる作品で、今回の「ハルチカ」も、いつの間にか彼らのことを人生の先輩のような気持ちで優しく見守ってあげたくなるような、そんな気持ちで音楽に取り組むことができました。実際、劇中での音楽の役割もそれに近いところがあります。
現役高校生はもちろんですが、元高校生の皆さんにもぜひ観て頂けたらと思っています。
劇場公開は3月4日、オリジナル・サウンドトラックは3月1日発売です。オリジナルテーマ曲「吹奏楽のための狂詩曲 第1番『春の光、夏の風』」を含む全23曲収録。

映画「ハルチカ」公式サイト
http://haruchika-movie.jp/

映画「ハルチカ」オリジナル・サウンドトラック
http://amzn.asia/arQDTzG


今月末にはスウェーデンのレーベルからEP作品のリリースがあるのですが、それについてはまた後日。

最後に、先日のコンサート写真をいくつか。

ONE DAY Solo Piano Concert
二つの音色のソロピアノ・コンサート

福岡と大阪の公演に来てくださった皆様、ありがとうございました。






2017_03

こんにちは。

1月27日にワールドリリースになるデジタル配信限定EP「Our Own Picture」ですが、一足先に日本先行リリースされています。iTunes Music Store, Apple Music 限定での先行配信となっているので、その他のストアでの配信はいましばらくお待ちください。
クラシックジャンルのトップページで大きく取り上げて頂いています。



Our Own Picture (iTunes Global Link)
http://www.tunecore.co.jp/to/itunes/334210

さて、今週末はいよいよ西日本でのコンサート二公演です。
福岡公演はすでに完売していますが、大阪公演はまだ若干お席があるようなので、関西の方はぜひお越し頂けたら嬉しいです。
ちなみに、会場限定で「One Day」アナログレコード盤を販売します。



ONE DAY Solo Piano Concert in Osaka
http://www.resonancemusic.jp/oneday/

最近はマンスリーでのEPリリースがあったりと新曲がたくさんあるので、どれを演奏しようか悩んでいたらいつのまにか演奏予定の曲がすごく多くなってしまい(数えたら30曲以上あった)、少し選抜すべく検討中です。25曲くらいにしたい。
二部構成でお届けする予定ですが、一部はもう全曲初めて演奏する曲になりそうです。

三月に公開になる映画「ハルチカ」の情報が時々入ってくるのですが、サントラ盤の内容も決まって、ジャケットなどの情報もちらちらと拝見させて頂いています。春らしい素敵な作品になっているので映画共々楽しんでもらえるのではないかなと想像しています。
http://haruchika-movie.jp/

 

2017_02
こんにちは。

1月27日にデジタル配信限定でリリースになるEP作品「Our Own Picture」から「You」のミュージックビデオが公開になりました。



Film: Kimihiko Nitta
Flower: Megumi Shinozaki (edenworks)
Model: Musubi Shizuno

今回も新田君彦さんとのコラボレーションです。
長回しによるワンカット作品。
いつか自分のMVをワンカットで作りたいと思っていたのを、新田さんが実現してくれました。
篠崎恵美さんにも参加してもらい「For」へのアンサー作品のような仕上がりになっています。

Our Own Picture - EP
1. You
2. Out of the Solitary Mind
3. Joy (solo piano)

Pre-Order on iTunes Music Store (Global Link)
http://www.tunecore.co.jp/to/itunes/334210

1月27日より Spotify, Apple Music などで配信されます。
ハイレゾは、mora, レコチョク, e-onkyo music, OTOTOY での配信になります。


そして、Spread The Branches も新しい作品が公開されました。

instagram: @spread_the_branches
https://www.instagram.com/spread_the_branches/



Spread The Branches: Episode_002

1分間の挿話がコンセプトの音楽と映像によるプロジェクト。
youtube と instagram での限定公開です。
2017_01

あけましておめでとうございます。

年末年始はしばらく温泉地を巡っていました。
とはいえ、子供がいるとゆっくり温泉に浸かることもままならないのですが、今年も適温な音楽をお届けできるように精進して参りたい所存ですので、何卒どうぞよろしくお願い致します。

さて、まずは新田君彦さんと年末にスタートさせた「Spread The Branches」の新作が公開されています。

instagram: @spread_the_branches
https://www.instagram.com/spread_the_branches/



Spread The Branches: Episode_001

1分間の挿話がコンセプトの音楽と映像によるプロジェクト。
youtube と instagram での限定公開です。


そして、さらに今日はもうひとつお知らせがあります。
1月27日に新しいEP作品「Our Own Picture」がデジタル配信限定でリリースになります。先月リリースされた「DNA」に続くマンスリーリリースの二作目です。iTunes ではすでに予約が始まっているようですが、Apple Music, Spotify などでも配信される予定なので、こちらもぜひお聴き逃しなく。
今回は収録曲「You」のMVも制作していて、年末に撮影があったのですが、そちらも近々公開になる予定です。このMVがとてもとても素晴らしい仕上がりになっているので、ぜひ観て頂いて、ほっこりして欲しいなぁと思います。

そしてリリースの翌日、1月28日と29日は、昨年発表したアルバム「One Day」のリリース公演が福岡と大阪にて二公演開催されます。福岡公演はすでにソールドアウトとのことですが、大阪公演はまだ少し残席があるようなので、関西の方で気になる方はぜひ。

「ワン・デイ」ソロピアノ・コンサート 大阪公演
http://www.resonancemusic.jp/oneday/

大阪公演は天満教会という場所で、グランドピアノとアップライトピアノの二台を使って演奏する非常に豪華なコンサートになる予定です。「One Day」の曲から幾つかと、よく演奏しているレパートリーの曲、最近作りためていた新曲、さらにはいままで一度も演奏していない曲など、新旧織り交ぜた演奏をしようと企んでいます。



さて、今年。2017年は、僕にとって節目の年です。
ファーストアルバムのリリースからちょうど10年、そしてレーベルの立ち上げからもちょうど10年のメモリアル・イヤーということもあって、かつてないほどに意欲的に、でもどこか新鮮な心持ちで音楽と向き合えている気がします。

ひとつのことを続けていることで見える景色が、ほんの少し見えてきたような気もするし、でもやっぱり朧げな気もする、そんな10年目です。

始めた頃は正直、本気で人生を掛けようとか思っていたわけではなくて、とりあえず、10年やってみて考えようと思っていたのが、10年後の今は、次の10年でやってみたいことがずらっと並んでいて、音楽をずっと深く好きになれたような気がします。

音楽を作るのが楽しくて、誰かが聴いてくれたら、ちょっと恥ずかしいけれど、でも嬉しい。それが妻でも、息子でも、友人でも、世界のどこかの、知らない誰かでも。
それで大丈夫。ずっとやっていける気がします。

2017年も、その先もずっと、どうぞよろしくお願いします。


 

New Project 'Spread The Branches'

こんにちは。

最近お知らせが続いていますが、ないよりはあったほうがよい、ですよね・・・。

フォトグラファーの新田君彦さんと音楽と映像のプロジェクト『Spread The Branches』を始めました。
「1分間の挿話」をコンセプトに、作品を不定期更新していきます。
youtube と instagram での限定公開になるので、ぜひそちらをフォローしてもらえたらと思います。

instagram: @spread_the_branches
https://www.instagram.com/spread_the_branches/



Spread The Branches: Episode_000

Episode_000 をスタートに、いったいどこまで作品を発表し続けられるのか。
我ながら見ものです(数字が3桁設定になっているので、最高で999になりますね)。

今月から始まった、配信限定でのEP作品・マンスリーリリース(すでに三月頃までは決まっています)と合わせて、こちらも気まぐれに更新していくのでよろしくお願いします。


最近、自分はつくづく音楽を作るのが好きなんだなって思います。
もう10年もの間、ずっと音楽を作り続けてきて、でもどれだけ作ろうとも音楽は自ずと湧き出てくるし、それを掬い上げることがこの上ない喜びで、音楽を作っている間は(それがどんなテーマの曲であれ)ずっと楽しくて、時間が一瞬なんです。時々、人生足りるかなって思うくらい。
なので僕の場合、燃え尽きるとかないので・・・。ご心配なく。



PS. 引き続きコンサートの予約も受け付け中。

ONE DAY Solo Piano Concert
ふたつの音色のソロピアノ・コンサート

2017年1月28日(土)パッパライライ 福岡公演
http://republik.jp/archives/3992

2017年1月29日(日)天満教会 大阪公演
http://www.resonancemusic.jp/oneday/
 

New EP 'DNA'
こんにちは。

スウェーデンのレーベルより、書き下ろし楽曲を三曲収録したEP作品「DNA」がデジタル配信限定でリリースされました。



1. DNA
2. Inside River #1
3. Inside River #2

Label: 1631 Recordings
Distributed & Published by Decca/Universal

Spotify、Apple Music などで聴くことができるので興味のある方はぜひ。
iTunes や、レーベルの Bandcamp でも販売しています。

Spotify
https://open.spotify.com/album/6rGAHdPXN8DvFnNi5lCfyg

iTunes, Apple Music
https://itun.es/jp/oBbzgb

Bandcamp
https://1631recordings.bandcamp.com/album/dna


来月、再来月もこういった形でのEP作品のリリースが決まっています。

また、それとは別の新しいプロジェクトも進行中なので(こちらも来週にはプレオープン予定)、なんとなく、新しい音楽が聴きたくなったらたまに覗きにきてもらえたらと思います。


PS. 引き続きコンサートの予約も受け付け中。

ONE DAY Solo Piano Concert
ふたつの音色のソロピアノ・コンサート

2017年1月28日(土)パッパライライ 福岡公演
http://republik.jp/archives/3992

2017年1月29日(日)天満教会 大阪公演
http://www.resonancemusic.jp/oneday/


 
映画音楽「ハルチカ」予告編

こんにちは。

音楽を担当した映画「ハルチカ」の予告編が公開になりました。

主演は佐藤勝利さん、橋本環奈さん。
市井昌秀監督作品。

予告編では、映画のオープニング曲とオリジナルテーマ曲「吹奏楽のための狂詩曲 第1番『春の光、夏の風』」が流れます。

 
大ヒット青春小説『ハルチカ』シリーズを、映画初主演となる佐藤勝利(Sexy Zone)と、『セーラー服と機関銃 –卒業-』で鮮烈なスクリーンデビューを飾った橋本環奈をW主演にむかえ、待望の実写映画化。
監督を務めるのは、『箱入り息子の恋』で日本映画監督協会新人賞に輝いた気鋭・市井昌秀。幼なじみどうしの心優しいが気弱なハルタと、強気で天真爛漫なチカのキャラクターと関係性を軸に、音楽が恋愛や友情をつなぐ『ハルチカ』ワールドを作り上げた。
もしも大切な人が前を向けなくなったとき、自分は何をしてあげられるだろうか。ささやかだけれども、誰もが共感し、吹奏楽の響きにのせてほんのり幸せな気持ちにしてくれる青春純愛ストーリーが誕生した。

佐藤勝利(Sexy Zone)、橋本環奈
恒松祐里、清水尋也、前田航基、平岡拓真、上白石萌歌、二階堂姫瑠
志賀廣太郎、小出恵介

脚本・監督: 市井昌秀「箱入り息子の恋」
脚本: 山浦雅大
原作: 初野 晴「ハルチカ」シリーズ(角川文庫刊)
オリジナルテーマ曲: 吹奏楽のための狂詩曲 第1番「春の光、夏の風」



吹奏楽部監修は濱野睦美さん。
吹奏楽曲の編曲は小川明夏さん。
僕はオリジナルテーマ曲の作曲と劇伴の作編曲・演奏を担当しています。

素晴らしいチームに呼んで頂き、一年間、楽しいひと時でした。
3月4日より全国公開です。

「ハルチカ」公式サイト
http://haruchika-movie.jp/


来週末16日には、スウェーデンのレーベルよりデジタル配信限定EPがリリースされます。
こちらも対照的な色彩ながら力作なので、ぜひご期待ください。